インデックス投資と外貨預金

Just another WordPress site

*

地方銀行にて外貨預金-5 東日本銀行

   

東日本銀行というのは、鹿児島県にある南日本銀行と同様、随分とスケールの大きな銀行名ですけれども、こちらは東京都に本店を構える第二地方銀行です。本店は東京ですが、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木にも進出をしている銀行となります。

この東日本銀行でも外貨普通預金と、外貨定期預金が取り扱われています。東日本銀行の外貨預金では、魚、米ドルとユーロが預け入れの対象となり、最 低預入額は1,000通貨単位となりますから、日本円にしますと、およそ10万円前後の額面から出発することになるわけですね。この外貨定期預金の金利を 見てみますと、 10万ドル以内の預け入れ金額の場合には、 6カ月以内のものです。 10 0.05% 、 1年物で0.1%の気になります。これが10万ドル超の場合、ワロカ月物までが0.1%で1年物は0.12%という金利設定となっています。また、ユーロ の場合は、その額面や飢餓にかかわらず、 0.03%という値になっています。

ユーロに関しては、店舗を構えているような金融機関においては、定期預金であったとしても、 0.01%というような金利が適応される場合が多いのですが、東日本銀行は大、辛くとも円定期預金の短時間物に比べれば0.005%ほどは、高く金利を設 定してくれているようです。ちなみに外貨普通預金の場合は、米ドルであってもユーロであっても、 0.01%の金利です。津波に同じ東日本銀行のスーパー定期の場合は、 1カ月物が0.025% 、 2年物は0.03% 、 5年物は0.04%という数字になっています。米ドルの場合は、確かにこの円定期預金に比べればお得であると言えるでしょう。

 - 外貨預金