インデックス投資と外貨預金

Just another WordPress site

*

外貨預金のためのトルコリラ事情

   

外貨預金の商品の中において、ブラジルレアルや南アフリカランド、といった新興国通貨のなかに紛れて、徐々に注目されつつあるのがトルコのリラで す。トルコと言う国は親日国としても有名であり、中央アジアとヨーロッパの狭間にあって、日本人が旅行に行く国としても、よく候補に挙げられます。

このトルコの政策金利は非常に高い水準にあり、世界金融危機以前にはなんと15.0%以上の金利設定となっていました。それが金融危機で大きく下 がったものの、それでも現在の金利は5.0%以上となっています。 2009年以降、徐々に徐々に金利は低下していていますので、この5.0%以上という水準は今後も維持されるかどうかは判りませんけども、少なくも現在の うちは高い金利を期待できるというわけですね。トルコリラの取扱金融機関はそこまで多くありません。代表的な金融機関は新生銀行です。あるいはネット銀行 では大和ネクスト銀行でとりあつかわれています。

ダイレクト銀行におけるトルコリラの外貨定期預金金利を見てみますと、 1ヶ月物で2.2% 、 3カ月物で2.5%と言う数字になっています。さらに定期預金だけではなく、普通預金でも2.0% という低金利になっていますので、これは非常に利用のしがいのあるものだ、ということができます。また新生銀行をの場合の品には定期預金で1ヶ月物は 1.2%、 6カ月物は1.5% 、 1年物は1.7%というような数字になっています。

 - 外貨預金